雰囲気を大切にする|幸せの鐘がなる結婚式場は慎重に選ぼう

カッコイイ新郎になるには

ファミリー

バリエーション豊かな衣装

結婚式での衣装と言うとどうしても新婦に目がいきがちですが、新郎も立派な主役なのですから単なる新婦の引き立て役に終わらず、かっこよく決めたいものです。洋装の場合だと、新郎の衣装はタキシードやフロックコートなどになりますが、体形などで着る人を選ばない事からおよそ9割の新郎がタキシードを選んでいます。一般的な黒や白に加えてネイビーやシルバーグレー、ワインレッドなど色のバリエーションも豊富なうえに、素材も光沢のあるものなど一工夫加えたものもたくさんあります。また最近ではチェックのジャケットにハーフパンツだったり、上下違う色のタキシードにするなど遊び心満点のコーディネイトもできるので、新郎も楽しんで衣装を選ぶことができますよ。

新郎も早い者勝ち

新郎が結婚式で着るタキシードは色も素材も様々です。それだけに結婚式場の雰囲気や新婦のドレスとのコーディネイトは意識したいところです。まずウェディングドレスは白なのでどんな色のタキシードも合いますが、問題はお色直しです。カラードレスが鮮やかな色や暗めの色なら、タキシードも黒やネイビーなどシックな色合いのものが合います。逆にカラードレスがパステルカラーなど淡い色なら、タキシードも白やシャンパンゴールドなど淡い色にするとまとまりますよ。そのためには新婦が早く衣装を決める必要があります。新郎の衣装選びは新婦の後になるので早く決めておくと、それだけ新郎も好きな衣装を選ぶ時間的な余裕が出てきます。衣装が早い者勝ちなのは新郎も同じです。結婚式で最高に素敵な2人を演出するためには、新婦の協力は不可欠です。